ストレスチェックとその診断・対応方法とは?

厚生労働省により立案されたストレスチェック制度は職場におけるメンタルヘルス対策・過重労働対策などとして注目されています。

ストレスチェックというとかなり個人的で繊細な問題であるため答えづらい、異常と診断され周囲に漏れてしまったらどうしようと抵抗を感じる方も多いかもしれません。またうちの職場で万が一問題が発覚したらイメージが悪くなるのではないかと心配される方もいるでしょう。

ストレスチェック制度は基本的に常時50人以上の労働者を使用する事業所において実施されなければならないものです。ストレスチェック制度は精神的不調を未然に防ぐ、精神的な不調を早期発見し適切に対応する、精神的不調となった者の職場復帰を支援するという3段階の目的をもって実施されます。

まずは一般健康診断等と同時にストレスチェックを実施します。対象者の中で医師による直接の聞き取りが必要であると判断された者は面接指導へと進みます。面接した医師は対象者の状況に応じて専門医による治療をすすめたり職場の環境改善等意見します。事業者は医師からの意見を受け改善に努めるといった流れになります。

個人が抱えるストレスというのはとても繊細な問題で職場だけが原因とは限りません。さらにストレスセンサーには個人差があり、ストレスを感じていることに気付かず無理を続けて体調を崩す方もみえます。ストレスがあると第三者から診断されることで自分のストレス状態を認識し軽度なうちからセルフケアできるという点、また事業者から見ても立ち入ることが難しい労働者が内面に抱えるストレスの早期把握・対処が可能になるという点が利点です。

そのためにも被験者が正直に自身の状況を回答でき、被験者を使用している者も結果によって責められることがないように事業所としても適切な環境づくりが必要です。また個人的な情報が漏れないようプライバシー対策も万全にしていく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です