ストレスチェックの診断について

労働環境に関する問題が非常に多く、職場の環境に対して、企業がストレスチェックを行うケースが非常に多いです。

診断結果によっては、病院に通わなくてはならなくなり、人によってはそのまま仕事を辞めてしまう人もいます。ストレスチェックを行うことは非常に大切ですが、うつ病の範囲は非常に広く、曖昧です。なのでストレスチェックによってうつ病だと診断されるケースは非常に多いです。その診断結果を受けて、さらに悩みこんでしまう方も非常に多いです。

ストレスチェックにはメリットとデメリットが多く存在します。職場環境をよくするためにという意味では、メリットとしていいことですが、自分で身の回りの環境を整理して分析することで、人によっては自分がストレスを感じているとわかり、それが原因で悩みこんでしまうというデメリットも存在します。このような曖昧な診断と、その結果では改善は難しく、現状は変わらないことが非常に多いです。

しかし、自分の現状を把握するということと、職場に対して文句があるということをおおやけにすることは大切です。
それによって職場環境が改善されるケースもあります。希望と持つことも大切です。このようなことを加味して、ストレスチェックの診断結果を真摯に受け止めて考え直すことが大切です。これをきっかけに自分がどうしなければいけないかをしっかりと判断することもできます。悪いことばかり考えてしまうのではなく、情報を取捨選択し、結果を知ることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です