効果的なストレスチェックの診断

これまでストレスチェックと言えば、精神科や心理カウンセラーによる筆記の自己評価テストが中心でしたが、現在ではとこの科でも適用可能なストレスチェックマーカーが使用されることが多くなってきました。

ストレスはあらゆる疾患の原因となりうると言っても過言ではなく、どの科でも患者さんが抱えているストレスについて知ることは大事です。元々過剰なストレスは、日本人の精神的疾患を含めての多くの死亡者を出す要因となっていることから、ストレスの早期発見診断と、ストレス要因にもなる身体的疾患の治療は大切なことです。

ストレスの増加は様々な生活習慣病の原因とみなされています。ストレスマーカーテストは、患者さんの唾液に含まれるストレス物質の多さによってストレス度合いを判定するという画期的な診断方法です。ストレスは遺伝的な要因によっても影響を受け、また、ストレスを受けると感覚器官受容体に変化を来たし、脳内、生体内部の化学物質放出量が変化します。

化学的変化ならば、化学的テストによって測定診断することができるというのがこのストレスチェックテストなのです。こういった生化学的診断に使われる技術に必要な測定値は、バイオマーカーとも呼ばれ、科学的根拠があるものです。このストレスチェックテストの優れているところは、唾液だけの検査ですむので、簡便で、患者さんに負担をかけないということです。このような医学的技術の進歩は様々な患者さんの診断治療に役立っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です