ストレスチェックの診断結果に企業が求められること

現代社会において、ストレスを避けて生きていくことは不可能と言っても過言ではありません。それだけに、ストレスを避ける方法ではなく、いかに受け流す方法を身につけるかが重要になってきます。

そのためには、まずは自分自身がどのくらいストレスに苛まれているのかを知ることが大切です。ストレスチェックは、職場におけるメンタルヘルス対策の一環として実施されるものですが、この診断結果により自分自身が自分自身のストレスの溜まり具合を知ることができます。

ストレスチェックの実施方法は、50問を超える質問に対して、個々が回答することによって、診断結果が送付されてきます。そこには、自分自身のストレスの具合や解消方法などが明記されていますので、個人において改善に努めるものとなります。

また、ストレスチェックの診断結果については、本人同意が得られれば、事業主に通知することも可能ですから、経営陣は自社の社員がどれだけのストレスを溜め込んでいるのか、またどういったことが原因でこういった状況になるのかがわかります職場において、ストレスを感じることは、ある意味仕方がないことですが、そのことを知っておきながら何の対策も打っていなければ、根本的な解決はできません。

つまり、大切なのは、ストレスチェックを実施することではなくて、その診断結果に基づき、どういった対策を行うのかであり、特に会社においては「心と体の相談窓口」を開設するなどのケアが求められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です