ストレスチェック診断の意義と目的

ストレスチェックは精神的な不調がないかを確認してメンタル的な問題が発生しないように予防する事が目的です。

精神的な健康を守る為には日ごろから予防策をしていく事が大切ですが、それをするにはまず自分自身のストレスの程度と傾向を知る事が大切です。心の状態がわかるのは自分だけだと思う人もいますが、自分の心の状態を自分で客観的に知るのは非常に難しいです。

そこでストレスチェック診断を受ける事でより客観的に心の状態を知る事ができるので、自身の心の状態を知る方法として有効なのです。ストレスチェック診断を受けて自分の心の状態と自分がストレスを受けやすい状況を知る事ができるので、ストレスを溜め込まないようにどうするか考えるきっかけになります。

またこの診断結果を家族などに報告して身近な人と診断から得られた情報を共有してお互いにサポートし合う事にも役立ちます。緊急性が高いほど悪い結果でなければすぐに医師に相談する必要はありませんが、あまりに結果が良くない場合には医師に相談して治療を受けるべきです。

自分では解決できない問題もカウンセリングや治療薬を処方してもらう事で改善できる可能性があります。ストレスチェック診断を受けなくても罰則がある訳ではありませんが、常時50人以上の従業員がいる事業所では労働基準監督署への報告義務があって報告を怠れば罰則があります。そのため主に職場でストレスチェックを受ける人は多くなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です