ストレスチェック診断の方法と結果を受けた対応

ストレスチェックとは、ストレスに関する質問票に当該事業所の労働者が記入し、それを集計し、分析することで自分のストレス状態がどのような状況なのかを調べる検査です。

このストレスチェックは、労働安全衛生法第66条の10の規定による「心理的な負担の程度を把握するための検査」を根拠としており、毎年1回この検査を全労働者に対して行うことが義務付けられています。そして、この実施状況について、常時50人以上の労働者を使用する事業所はこの法律に基づき所轄労働基準監督署に報告する義務があり、この報告を怠ると罰金という罰則が定められています。

このストレスチェックを行う目的は、労働者が自分が抱えるストレスの状態を把握し、ストレスをためすぎないように対応すること及びストレスが高い状態にある場合は医師への面接による助言を受けたり、事業所に業務負担の軽減を実施してもらう等してうつ等のメンタルヘルスの不調を防止する仕組みです。

このストレスチェック診断を行う質問票の内容については国が推奨する57項目を見てみると、仕事の量が多すぎると感じていなか、最近1か月の自分の活力状況、職場の周囲の人間や家族と気軽に話ができるか等があり、その労働者の回答を受けて、診断結果をストレス要因に関する項目、心身のストレス反応に対する項目、周囲のサポートに関する項目に分けて評価点を出し、それをレーダーチャートで一目でわかるようにして本人に通知するというものです。この診断により自分の思わぬストレスを発見することもありうるので診断結果を受け取った人は活用してストレス改善をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です