ストレスチェックで従業員の状態を診断

体力があり、これまで大病などしたことがない人でも、強いストレスを受ける環境にずっと置かれると、心身の不調を感じるようになります。

特に、近年では、毎日の仕事でのストレスにより心身の不調を訴える人が増えてきています。仕事に関連するストレスといえば、社内や取引先の人との間の人間関係のこじれによるものが真っ先に思い浮かびますが、それ以外にも、最近では過労によるストレスを訴える人も増えています。

このような仕事上のストレスは、周囲の環境が変わらない限りずっと受け続けることが多いため、多少休んでも根本的な改善にはなりません。本来は、会社が個々の従業員の仕事環境やストレスを把握して、改善のための手を打っていくべきなのですが、現実には、すべての従業員のストレス状態を把握することは難しいです。

そこで、近年、ストレスから従業員を守るべく適切な手を打つことを目的として、各々の従業員のストレス状態を診断するための、ストレスチェックという新たな制度が導入されました。ストレスチェックでは、まず、その会社のすべての従業員に対して、チェック用の質問票が配られます。

この質問票にはストレスに関するさまざまな設問が並んでおり、各従業員は、現在の自分の状況からそれぞれの設問に回答していきます。なお、客観的な診断を行うことができるよう、ストレスチェックの実施は会社とは別の第三者機関が行います。回答された質問票は、実施する第三者機関によって回収され、その回答内容に基づいて個々の従業員についてのストレス診断が行われます。

この診断で、強いストレスを受けていると判断された人は要注意。速やかに医師との面談が設定され、今後、ストレスを軽減していくためにはどうすればよいかという方策について、会社も交えて話し合うことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です